イオンカードの失敗しない解約方法(WAONポイントや情報の引継ぎ)

イオンカード解約    
  • 引っ越しに伴いイオンを利用しなくなったので、イオンカードを解約したい
  • 海外勤務のため、普段使わないクレジットカードを処分している
  • イオンカードセレクトに切り替えたからWAON機能付きのイオンカードを廃止したい

イオンカードを持っていると、いずれは解約(廃止)手続きが必要な時が出てきます。

通常のクレジットカードの解約だけなら、フリーコールに電話して「クレジットカードを廃止したい」で終わるのですが、イオンのポイント(ときめきポイントやWAONポイントなど)が貯まっていると、それを引き継いだり、活用したいものです。

ではどのようにしてイオンカードを解約していけばいいでしょか。

そのポイントは6つあります。

厳選裏ワザお客さまわくわくデーとオートチャージでWAONが二重取りできるお得な最強裏ワザ
イオンクレジットカード

イオンカード(WAON一体型)を解約するときの手順とチェックポイント

イオンカードの解約手続き

通常のクレジットカードを解約する上で気にしておきたいのはポイントです。

還元率は1%とはいえ、せっかく貯まったポイントは無駄にしたくないですよね。

イオンカードの場合、ポイントの他に現金チャージ形式の電子マネーWAONも注意しておきたいところです。

この2つの注意点について解説します。

電子マネーWAONは解約前に使い切るか移行しよう

電子マネーWAONは使い切る前に全て使い切る必要があります。

なぜなら、電子マネーWAONは他のカードに引き継げないからです。

電子マネーWAONはイオングループ以外にも、コンビニなど様々なお店で利用できるので、解約する前に使い切ってしまいましょう。

WAONポイントも解約前に移行しよう

イオンカードを解約すると、WAONポイントは例外なく失効してしまいます。

そのためWAONポイントが貯まっているカードを解約する場合、必ず解約前にポイントを使い切るようにしましょう。

もしポイントが使いきれない場合は、クレジットカード機能がついていない「WAONカード」を入手し、WAONポイントを移行することもできます。

移行手続きはとても簡単。

イオンモールなどに設置されているWAONチャージャーにこれまで使っていたイオンカードと新しく作るWAONカードを用意して操作すると簡単に移行できます。

ただ、クレジットカード機能が付帯していないWAONカードは、発行手数料が300円必要になってきますので、注意してくださいね。

ときめきポイントのポイントを確認し商品と交換しておこう

イオンカードを解約すると、ときめきポイントは失効してしまうため、解約する前にポイントの残高を確認し、商品と交換しておきましょう。

ときめきポイントは以下の方法で確認できます。

  • 毎月の明細書
  • くらしのマネーサイト
  • 自動音声応答サービス
  • イオンカード公式アプリ

ときめきポイントの確認方法

ポイントを確認したら、くらしのマネーサイトで交換できる商品を探しましょう。

交換できるのはキッチン用品やファンション品などだけではなく、食品や商品券もあるので、欲しいものがない場合でも安心です。

ETCカードの取り扱いにも注意

イオンカードを解約すると、カードに紐付けられているETCカードも使えなくなってしまいます。

イオンカードだけ解約し、ETCカードはそのまま継続して使用するということは出来ません。

知らずにそのまま利用して高速道路でETCのゲートが開かない…!なんてことがないように、解約する前に他のクレジットカードでETCカードを用意しておきましょう。

リボ払いや返済残高の一括返済に注意しよう

リボ払いや未支払いがあった場合、イオンカードの解約時に一括で請求されてしまうため注意しましょう。

解約前にリボ払いや未支払いの残高をチェックし、支払いが終わった状態か完済できる状態になってから解約すれば、急な請求に慌てることがありません。

支払いの残高確認方法は、イオンスクエアにログインし、マイページの【ご利用残高照会】でチェックするか、コールセンターで確認できます。

イオンスクエア

コールセンター・24時間受付 年中無休
0120-223-212(固定電話・無料)
0570-064-750(携帯電話・スマートフォン・有料)

カードの解約は電話かネットでの申し込みでOK

カードの解約ってなんとなくめんどくさそうなイメージですよね。

でも実は、イオンカードの解約はとても簡単で、電話をするかネットで申し込むだけで解約できちゃいます!

引き止められることもないので、安心して解約が出来ますね。

簡単で失敗しないイオンカードの解約手順

イオンカード解約手順

イオンカードの解約手順をご紹介します。

イオンカードの解約方法は以下の通りです。

  • コールセンターで解約する
  • インターネットで解約手続きをする
  • 脱会届を取り寄せカードを返却し解約する

カードの種類によって解約方法が異なるので、1つずつ順にご紹介しますね。

イオン銀行コールセンターに電話しよう(繋がりやすい電話番号は?)

イオンカードセレクトはイオン銀行と提携しているので、イオン銀行コールセンターに電話をすることで解約することが出来ます

解約手順は以下の通りです。

  1. カードの有効期限や番号などの情報がわかるものを用意する
  2. イオン銀行コールセンターに電話する
  3. 音声ガイダンスに従い番号を押す
  4. オペレーターに解約の旨を伝える

コールセンターは混雑することがあるのですが、公式サイトにて混雑予想が確認できるので、比較的繋がりやすい時間帯をを狙って電話できますよ。

尚、時間的に都合がつかない場合は、折り返し電話の予約をすることも可能です。

イオン銀行コールセンター:0120-13-1089(フリーダイヤル)
受付時間 :9:00~21:00 年中無休

コールセンターの混雑予想はこちら

折り返し電話予約はこちら

イオンクレジットサービスコールセンターでもOK

イオンカードセレクト以外のイオンカードの解約は、イオンクレジットサービスコールセンターへの電話で解約することができます。

イオンコールセンター
0570-071-090 (ナビダイヤル:有料)または043-296-6200(有料)
受付時間:9:00~18:00 年中無休

イオンスクエアメンバーならオンラインでも可能

イオンスクエアのメンバーなら、一部のカードを除いてインターネット上で解約することが可能です。

解約手順は以下の通りです。

  1. 暮らしのマネーサイトを開く
  2. カード情報がわかるものを手元に用意
  3. 必要事項の入力
  4. アンケートを入力
  5. 退会手続きをする

ネット上ならわざわざ電話が繋がるのを待ったりせずに、自分の好きなタイミングで解約できるのが嬉しいです。

一部のカードはオンライン上で解約できないため、自分のカードがどれなのか確認しましょう。

オンライン上で解約できないカード
  • イオンカードセレクト
  • イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)
  • イオンカードセレクト(ミニオンズ)
  • イオンSuicaカード
  • 荘銀イオンカード
  • とりぎんイオンカード
  • 三重銀イオンカード
  • 福銀イオンカード
  • イオンセプコカード
  • 新潟県生協カード
  • イオンコーポレートカード
  • イオンデビットカード
  • イオン銀行

オンライン上で解約できないカードは、上記で紹介したコールセンターへ連絡し、解約の手続きをしましょう。

イオンSuicaカードは脱会届を取り寄せカードを返却

イオンのSuicaカードは、他のカードと違って、解約する場合はカードを返却する必要があります。

解約の手続きは、コールセンターか暮らしのマネーサイトにて脱会届を申請し、届いた書面に必要事項を記入し、カードを同封し返却しましょう。

解約したカードはハサミを入れればOK

カードの処理ってどうしたらいいのか迷いますよね。解約した後のカードは、ハサミで切ってしまってOKです。

カード裏面の磁気ストライプやICチップは必ず切って捨てましょう。

イオンSuicaカードは返却する必要があるので、こちらを使っている場合は間違ってハサミを入れないようにしてくださいね。

イオン銀行キャッシュカード付きのイオンカードセレクトを解約するときの注意点

イオンカードセレクトの引き落とし先はイオン銀行のみなので、解約してしまうとクレジットカードとして使えなくなります。

イオン銀行のみを残し、イオンカードセレクトを解約ということはできますが、金利の優遇がなくなり、メリットは少なくなるので注意が必要です。

イオンカード解約時の気になる疑問

カードを解約してもポイントが使えるサービスはないの?

カードを解約してしまうと、貯めいたポイントも同時に失効してしまうため、ポイントを使うことができません。

ポイントが貯まっているのであれば、解約前に使い切ってしまいましょう。

カード解約に手数料は必要ないの?

イオンカードを解約するのに手数料は発生しません。

イオンカードだけでハンク、ほとんどのカードの解約に手数料は必要ありませんが、解約するのに手数料が発生するものもあるので注意が必要です。

せっかく年会費が無料でも、解約するのにお金がかかるのはショックですよね…。

入会時や解約前に、手数料や解約時の条件などもチェックしておきましょう。

カードを解約して、数ヶ月後に再度入会することは可能?

カードを解約してからやはり必要だった!と思うこともありますよね。

カード解約後に再入会することは可能ですが、新規発行の時と同じく審査が必要になります。

審査に落ちてしまうとカードは発行できませんし、新規入会のキャンペーン特典は対象外となるので、本当に解約していいのかどうかを考えてからの方が良いでしょう。

カード解約の最適なタイミングは?

カードを解約するにあたって、できれば損はしたくないですよね。

イオンカードの解約には、手数料や違約金もかからないため、どのタイミングで解約しても大丈夫。

ただ、ポイントが溜まっていたら商品に交換したり、リボ払いや返済残高があったら、ある程度返済の目処がたってからの解約がいいでしょう。

海外に移住するけど解約した方がいいの?

海外に移住と言っても海外留学・海外赴任・海外定住など様々ですが、出国前に日本の住民登録を抹消した場合、クレジットカードの継続や新規開設ができません。

海外に移住したことを伏せて、そのまま使用する方もいるのですが、為替差益が生じたり、余計な手数料が発生したりするため、解約して現地のカードを利用する方がおすすめです。

まとめ

今回は、イオンカードの解約方法についてご紹介しました。

カードっていつの間にか増えてしまい、ライフスタイルによって今まで使っていたカードを使わなくなることもありますよね。

イオンカードは種類によって解約する方法が違いますが、解約方法はどれも簡単なので、自分が使っているカードがどの種類に当たるのかチェックしてみましょう。

イオンクレジットカード

こちらの記事も読まれています

【一番お得なイオンカードの作り方】キャンペーンやポイント還元情報まとめ

イオンユーザーなら誰でも持っているイオンカード。ただ、多くの方は「イオンモール店頭」で申し込みしているようです。
実は、イオンモール店頭で申し込みするより何倍もお得に入会できる方法があるんです。
これからイオンカードを作ってみたい方必見の記事です。

【実質20%還元】WAONで固定資産税や住民税を一番お得に支払う裏ワザ

税金や社会保険料、公共料金の支払いをお得にする方法はご存知でしょうか。
コンビニエンスストア「ミニストップ」である方法を利用すれば、ポイント二重取り&マイレージが大量にたまります。
現時点ではこの方法以上にお得な支払い方法はありません。

イオンお客さま感謝デーの割引が実質5%→7%offになる最強裏ワザ

イオンモールで一番お得に買い物できる「お客さま感謝デー」
5%オフで全商品が買える日ですが、実質5%以上の割引で購入できる裏技が有ります。
とても簡単な方法なので、参考にご覧ください。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする