ときめきポイントは何に交換するのが一番お得?還元率で選ぶ商品交換ランキング

ときめきポイントを商品に交換    

イオンカードでクレジット払いに貯まる「ときめきポイント」は、現金ではないため実際に使うにはポイントを何かに交換することが基本となります。

交換する商品も非常にたくさんの種類があるので、選ぶだけでもとっても楽しいものです。

ただ、それらの交換商品は「お得さ」によって大きな違いがあります。

1ポイントが1円未満の価値になる商品もあれば、1ポイントが1.5円〜2円になる商品もあります。

そこで、この記事ではときめきポイントをできるだけお得に交換したいあなたに、「お得さで選ぶ交換商品ランキング」を作成しました。

参考にご覧ください!

厳選裏ワザお客さまわくわくデーとオートチャージでWAONが二重取りできるお得な最強裏ワザ
イオンクレジットカード

ときめきポイントとは?

この記事をご覧の方なら、きっと

「ときめきポイントって、イオンカードでたまるポイントのことだろ!知っているよ!」

って怒るかもしれませんが、復習の意味でまとめますね^^

ときめきポイントとは、各種イオンカードを使ってクレジット決済した時にたまるポイントのことです。

ほとんどのクレジットカードには、利用時にポイントがたまる仕組みがあります。

  • 楽天カード→楽天ポイント
  • ヤフーカード→Tポイント
  • dカード→dポイント
  • セゾンカード→永久不滅ポイント
  • イオンカード→ときめきポイント

こんな感じでカードごとに異なるポイントがたまっていくんですね。

さて、肝心のポイント還元率ですが、実はたったの0.5%しかありません。これはポイント還元率が最高水準の楽天カードやヤフーカードと比べると、その半分です。

ちょっと意外ですね。

それなのに、イオンカードの発行枚数は、数あるクレジットカードの中において、楽天カードの次に多い第2位に位置付けています。

ポイント還元率が0.5%なのにどうしてこれほどまで人気があるのでしょうか。

それは、イオングループでの利用のメリットが多すぎるからです。そのメリットを箇条書きであげると、

  • イオングループでの利用時は常にポイント2倍
  • お客さま感謝デーでの利用時は5%割引
  • ありが10デーでの利用時はポイント10倍
  • バースデーパスポートやサンキューパスポートが手に入る
  • 随時開催の割引特典が受けられる
  • その他特典多数

上記のように、イオンユーザーにとってみれば、イオンカードは常時ポイント2倍(つまりポイント還元率が1%)なので、楽天カードと同じなのです。

だからユーザーが多いんですね^^

イオンカードのメリットに関しては、次の記事で詳しく解説しています。なおこの記事は、最もポイントがたまりやすい「イオンカードセレクト」を例に解説しています。

イオンカードセレクトをお持ちではないかたは、ぜひチェックしてくださいね。

ときめきポイントの4つの使い方

それでは、イオンカードでたまったときめきポイントですが、どのように使うのか解説します。

ポイントの使い方は4つの方法しかありません。では、その4つの方法についてわかりやすく解説します。

ちなみに、下のURLでは、ときめきポイントを交換する手続きが解説された公式動画を見ることができます。わかりやすいのでおすすめです。

https://indv.jp/2anj/VB250FMXW4

ときめきポイントを電子マネーWAONポイントに交換する

電子マネーWAONポイントへの交換

1,000ときめきポイント→1,000WAONポイント

1つ目は、ときめきポイントをWAONポイントに交換する方法です。

WAONポイントとは、「ポイントチャージ」という処理を行うことによって、電子マネーWAONとして利用できるポイントです。

ポイントチャージする方法は、

  • イオンモールに設置の「WAONステーション」
  • スマホアプリ「モバイルWAON」

の操作で簡単に手続きできます。

少し手続きは必要ではあるものの、この方法は「ときめきポイントを電子マネーWAONに交換するもの」と言えますね。

関連サイト→http://www.aeon.co.jp/point/use/waon/

ときめきポイントをWAONPOINTに交換する

ときめきポイントをWAONPOINTに交換

1,000ときめきポイント→1,000WAONPOINT

すでにお気付きの方もいるかもしれませんが、ここで解説するのは「WAONポイント」ではなく「WAONPOINT」です。呼び方は同じですが、内容は違います。

(どうしてイオンは同じ呼び方にしたのだろう。。。)

  • WAONポイント→電子マネーWAONの利用などでたまるポイント
  • WAONPOINT→イオンで現金払い時に提示するとたまるポイント

つまり、電子マネーで支払うとたまるか、それとも現金で支払うとたまるかの違いです。

専用サイトを通じ、ときめきポイントからWAONPOINTへの交換を手続きを行うと、ほぼ現金として利用できるWAONPOINTに交換できます。

http://tokimeki.aeon.co.jp/detail.html?id=9058

ときめきポイントをオンラインショッピングで使う

イオングループ各店のオンラインショップでは、ときめきポイントをポイントに交換することなく、そのままの状態で利用することができます。

現在12個あるイオングループ各店のオンラインサービスで利用できます。

詳細は次の公式サイトをご覧ください。

http://www.aeon.co.jp/point/use/shopping.html

ときめきポイントを商品と交換する

ときめきポイントを商品に交換

最後はときめきポイントを商品と交換する方法です。

交換できる商品は本当にたくさんあるので、選びたい放題です。

そして、「お得さ」で言えば、この方法が一番メリットが大きいんです。1,000ポイントが実質1,500円相当のものに交換できたりしますから、商品選び次第で結構お得ですね。

一方で、損するケースもあります。

1,000ポイントが実質700円相当の商品に交換されたりするケースもあります。

現金で購入する方がいいのか、それともときめきポイントを利用して商品を手に入れるほうがいいのか。迷いどころですね。

そこで、次からは、自称:イオンの達人である私が厳選した「ときめきポイントお得交換ランキング」を紹介します。

どれが一番お得?還元率で選ぶときめきポイントお得交換ランキング

ときめきポイントを出来るだけお得に交換したい方におすすめのポイント交換商品を還元率でランキングしてみました。

ぜひご覧くださいね。

なお、今回紹介する交換商品は金券やクーポンなどに限定しています。商品への交換もできますが、お得かどうかは個人の判断によって異なるので除外しています。

【第6位】ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM スタジオ・パス

ときめきポイントをUSJチケットに変える

7,000ときめきポイント→7,400円相当のワンデーチケット

(還元率105.71%)

還元率第6位はユニバーサルスタジオジャパンのワンデーチケットです。7,000ポイントに対し、実質400円だけのお得さなので、それほど魅力的な案件ではありません。

しかし、知らず知らずに貯まったポイントでUSJにタダで行けるなら、ちょっと嬉しいですよね^^

「お得さ」よりもUSJチケットという商品の魅力が上回っている案件と言えます。

注意点
  • チケットの有効期限は9ヶ月。
  • 別途チケットが必要なスペシャルイベントや特別営業時間帯には利用できない。
  • 紛失、盗難、有効期限切れなどに対し、再発行はできない。
  • チケットの到着は注文後2週間前後かかる。

【第5位】イーハートお食事券

ときめきポイントを四六時中チケットに変える

2,700ときめきポイント→3,000円分食事券

(還元率111.11%)

イオンモールのレストラン街にある「四六時中」などを運営するイーハートで利用できる食事券が第5位です。

食事券はイオンユーザーなら必ず使えますので嬉しいですね。こちらのお店は、美味しくて子供連れでも安心して利用できるのでおすすめです。

(レストラン)
四六時中/海の穂まれ/麦の香/グルメドール/和ぐるめ
(フードコート)
四六時中/海の穂まれ/BomDia Jr./和ぐるめ/麺々亭/グルメピアザ/クレミーノ/大大蛸蛸
(カフェ)
カフェ・ド・ペラゴロ

注意点
  • お釣りは出ない。
  • 有効期限は、発行月を含む6ヶ月以内(発行月起算で5ヶ月後の末日まで)。
    ※ただし、北海道、長野県、山梨県、九州全県、沖縄県には利用できる店舗はない。

【第4位】ETCマイレージサービス無料通行分への移行(限定カードのみ)

ときめきポイントをETCマイレージに変える

1,000ときめきポイント→1,000ポイント(1,200円分)

(還元率120%)

このサービスはイオンカードの全券種に適用されるものではなく、イオンNEXCO西日本カードユーザーのみ適用となるポイント還元サービスです。

おそらく、ETCマイレージに交換できるサービスとしはダントツで還元率が高いサービスです。

そのため、イオンユーザーのみならず、高速道路の利用が多い方は、イオンNEXCO西日本カードを作り、ETCマイレージサービスに交換しているようです。

個人的にはかなりおすすめ。

【第3位】ワタミグループ外食店舗でご利用いただけるお食事券

ときめきポイントを和民食事券に変える

1,500ときめきポイント→2,000円分お食事券

(還元率133.33%)

第3位はワタミグループで利用できる食事券との交換です。

  • 和民(わたみ)
  • 坐・和民(ざ・わたみ)
  • わたみん家(わたみんち)
  • ミライザカ
  • 鳥メロ(とりめろ)
  • 炭旬(すみしゅん)
  • 揚旬(あげしゅん)
  • 炉ばたや銀政(ろばたやぎんまさ)
  • ニッポンまぐろ漁業団(ニッポンまぐろぎょうぎょうだん)
  • トリフェス
  • GOHAN(ゴハン)
  • WANG’S GARDEN(ワンズガーデン)
  • TGI FRIDAYS(ティージーアイ・フライデーズ)
  • にくスタ
  • TEXMEX FACTORY(テクスメクト ファクトリー)
  • Elena Pasta(エレーナパスタ)

次の店舗で利用できる食事券です。ワタミグループはたくさんのお店があるので、都会や地方を問わず、利用できる店舗はありそうですね。

【第2位】イオンコンパス 海外パッケージ旅行利用券

ときめきポイントを旅行券に変える

2,000ときめきポイント→3,000円分旅行券

(還元率150%)

第2位はイオンコンパスで海外パッケージ旅行が利用できるチケットです。

還元率は驚きの150%!!!

この旅行利用券はイオンコンパス株式会社が取り扱う「海外のパッケージツアー」のみが対象となっているので、少し制限はあるものの、それで還元率150%はお得です。

【第1位】JALマイレージバンクのマイルに移行

ときめきポイントをマイルに交換

1,000ときめきポイント→500マイル(1,000円〜5,000円相当)

還元率第1位は「JALマイレージバンクへのマイルの移行」です。

よく見ると、1,000ポイントが500マイルに交換されるので、「損してるじゃん!」って思う方もいるかもしれません。

が、マイルは1マイル=1円ではありません。

マイレージを航空券に交換した場合、1マイルは2円〜10円相当になるケースが出てきます。

この辺りの詳しい解説は、「固定資産税をお得に支払う方法」を解説している次の記事でも紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

まとめ

上記の通り、ときめきポイントを一番お得に交換するなら「JALマイレージに交換する」となりました。

イオンカードでコツコツポイントをため、たまったポイントで家族みんなで海外旅行なんて行けたらとても嬉しいですよね。

単にポイントを貯めるだけではなく、「ときめきポイントを上手に貯めるコツ」を実践すれば、家族全員でハワイ旅行も夢ではありませんよ。

ぜひ実践してみてくださいね。

イオンクレジットカード

こちらの記事も読まれています

【一番お得なイオンカードの作り方】キャンペーンやポイント還元情報まとめ

イオンユーザーなら誰でも持っているイオンカード。ただ、多くの方は「イオンモール店頭」で申し込みしているようです。
実は、イオンモール店頭で申し込みするより何倍もお得に入会できる方法があるんです。
これからイオンカードを作ってみたい方必見の記事です。

【実質20%還元】WAONで固定資産税や住民税を一番お得に支払う裏ワザ

税金や社会保険料、公共料金の支払いをお得にする方法はご存知でしょうか。
コンビニエンスストア「ミニストップ」である方法を利用すれば、ポイント二重取り&マイレージが大量にたまります。
現時点ではこの方法以上にお得な支払い方法はありません。

イオンお客さま感謝デーの割引が実質5%→7%offになる最強裏ワザ

イオンモールで一番お得に買い物できる「お客さま感謝デー」
5%オフで全商品が買える日ですが、実質5%以上の割引で購入できる裏技が有ります。
とても簡単な方法なので、参考にご覧ください。


コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする