【保存版】イオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)との違いは?

イオンカードの違い    

イオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)のカードはとてもよく似ていますよね。

そのため、「どっちも同じようなカードなら、どっちを作っても同じかな?」と思いがちですが、実は、両者には違いがあり、ユーザーのニーズによっておすすめできるカードが異なります。

そこでのこのページではイオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)の違いについて解説します。

この記事が参考になれば、記事下のコメント欄よりメッセージをいただけるととっても嬉しいです^^
匿名でOKなので、是非お待ちしています。


厳選裏ワザお客さまわくわくデーとオートチャージでWAONが二重取りできるお得な最強裏ワザ
イオンカード㊙︎情報【イオンカードの審査期間】店頭申込とネット申込はどっちが早い?

両者の特徴を一覧で比較

「イオンカードセレクト」「イオンカード(WAON一体型)」、両者にどのような違いがあるのか、分かりやすくするために一覧表にしてみました。まずはこちらをご覧ください。

カードの種類 イオンカード
(WAON一体型)
イオンカードセレクト
年会費 年会費無料 年会費無料
ブランド VISA
MasterCard
JCB
VISA
MasterCard
JCB
機能 クレジットカード機能
電子マネーWAON機能
WAON POINTカード機能
クレジットカード機能
電子マネーWAON機能
WAON POINTカード機能
イオン銀行のキャッシュカード
追加できるカード ETCカード
イオンiD
家族カード
ETCカード
イオンiD
家族カード
引き落とし口座 任意の銀行を選択 イオン銀行に限定
ときめきポイントの還元率 0.5%(イオン店舗では1.0%) 0.5%(イオン店舗では1.0%)
WAONオートチャージ ポイント付与なし
クレジットカード利用分として請求
ポイント付与あり
イオン銀行の口座から即時引き落とし
独自の特典 WAONオートチャージでWAONポイント付与
普通預金金利の上乗せ
イオン銀行の利用でWAONポイント付与
カード店頭受取り 利用可能 利用可能
公式サイト 公式HP 公式HP

この表を見ると、2つのカードは非常に良く似ています。そんな中、大きな違いは「イオンカードセレクト」はイオン銀行のキャッシュカード機能が付いているということです。

クレジットカードを作るのと同時に、イオン銀行総合口座も作られることになるのです。必然的にクレジットカードでお買い物をした料金の引き落とし口座も、こちらの付随したイオン銀行口座になるというわけです。

「イオンカードセレクト」のイオン銀行口座がすごい!

通帳とキャッシュカードのイラスト

「イオンカードセレクト」のメリットはとってもたくさんあります。数ある特典の中には、「イオンカード(WAON一体型)」と重複するものもありますので、ここでは「イオンカードセレクト」独自の特典についてお伝えしていきますね。

まず、「イオンカードセレクト」で口座を開設すると、通常よりも普通預金金利が高くなります。これは声を大にしてお伝えしたいです。

なんと通常の利率に比べて100倍!イオン銀行で普通に口座を作成した場合、普通預金金利は0.001%でしかありません。それが「イオンカードセレクト」なら金利0.1%となります。

他の金融機関の金利と比べても抜群に高いこの数字は、通常であれば定期金利預金、いやそれ以上の利率となります。これだけでも「イオンカードセレクト」を利用する価値はありますね。

また、もちろん「イオンカードセレクト」にも電子マネーWAONは付随しています。このWAONについても、上手く利用することで通常よりもポイントが貯まりやすくなるのです。

まず、イオン銀行の口座振替を利用することで、項目ごとに毎月WAONポイントがプレゼントされます。

例えば電気、ガスなどの公共料金、携帯電話の料金など、項目は多岐にわたりますので出来るだけイオン銀行の口座にまとめるとよいですね。1つの口座振替につき5WAONポイントがプレゼントとなります。

他にも、給与振込口座に指定することで毎月10WAONがプレゼントされます。一定の条件をクリアすることで、ゴールドカードを作ることも可能となるなど、「イオンカードセレクト」には独自の特典がたくさんです。

また、WAONには任意の設定でオートチャージをする機能があります。WAONの残額が、自分であらかじめ定めた一定の金額を下回ると、自動的にイオン銀行口座よりチャージがされるのです。

そして「イオンカードセレクト」なら、このオートチャージによってチャージされた金額に対してもWAONポイントをゲットできるのです。

通常であれば、お買い物などによってWAONを使った時にのみ貯まるWAONポイントが、チャージ、つまり入金の際にも貯まる。つまりWAONポイントの2重どりとなります。これは嬉しいですね。

「イオンカードセレクト」のメリットについて、詳しくは「イオンカードセレクトの7つのメリットと活用術や一番お得に作る方法」の記事にて紹介しています。ぜひこちらも併せてお読みください。

幅広い特典たっぷり「イオンカードセレクト」はオススメ!

イオンカードセレクトがますます便利になりました! ゆうちょ銀行ATMでイオン銀行の普通預金口座からのお引出し・お預入れ 平日日中のATM手数料0円

「イオンカードセレクト」を選ぶと、ポイントゲットのチャンスがグッと上がってきます。新しい銀行口座を作ることにはなりますが、その点さえ問題なければ「イオンカードセレクト」はかなりオススメの1枚です。

イオン銀行だと利用できるATMが少ないのでは…?などの懸念の声も聞きますが、そうした心配はご無用です。イオン銀行は自社のATMだけでなく、多くの金融機関と提携しています。そのため、むしろ利用できるATMは非常に多いのです。

その上イオン銀行ATMは、手数料も非常にお得です。基本的にイオン銀行ATMであれば手数料はいつでも無料。曜日や時間に左右されることなく手続きを行えるのは嬉しいですね。

(提携先ATMについては、提携先によって条件が違ってきますので、各金融機関ごとにご確認ください。)

提携先ATMの情報はこちら

→http://www.aeonbank.co.jp/atm/

このように様々なメリットが自動的に付いてくる「イオンカードセレクト」。どうせ作るならばよりチャンスの広がるこちらのカードがオススメです。

キャッシュカードは必要ないという方は…

バツマークを出している女性のイラスト

反対に「イオンカード(WAON一体型)」がオススメな方はどんな方かというと、これ以上キャッシュカードが必要ではない、新たに口座を作りたくないという方です。

すでにメインの銀行口座をお持ちの方で、様々な事情により、そちらを変更することができない方でしょうか。

そうした場合は、メリットが少なくなってはしまいますが、クレジットカード機能のみの「イオンカード(WAON一体型)」の方が良いかもしれません。機能や特典が付きすぎると、逆にややこしい、と感じる方もいらっしゃいますからね。

自分に合った「イオンカード」で、快適なクレジットカードライフを楽しんでください。

今週の人気記事はこちら

【一番お得なイオンカードの作り方】キャンペーンやポイント還元情報まとめ

イオンユーザーなら誰でも持っているイオンカード。ただ、多くの方は「イオンモール店頭」で申し込みしているようです。
実は、イオンモール店頭で申し込みするより何倍もお得に入会できる方法があるんです。
これからイオンカードを作ってみたい方必見の記事です。

【実質20%還元】WAONで固定資産税や住民税を一番お得に支払う裏ワザ

税金や社会保険料、公共料金の支払いをお得にする方法はご存知でしょうか。
コンビニエンスストア「ミニストップ」である方法を利用すれば、ポイント二重取り&マイレージが大量にたまります。
現時点ではこの方法以上にお得な支払い方法はありません。

イオンお客さま感謝デーの割引が実質5%→7%offになる最強裏ワザ

イオンモールで一番お得に買い物できる「お客さま感謝デー」
5%オフで全商品が買える日ですが、実質5%以上の割引で購入できる裏技が有ります。
とても簡単な方法なので、参考にご覧ください。


コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする