【イオンカードの審査期間】店頭申込とネット申込はどっちが早い?

イオンカードの審査期間    

イオンを頻繁に利用する方にとって、イオンでのお買い物で何かとお得な「イオンカード」は必携のクレジットカードです。

ただ、イオンモールへ買い物に行くタイミングは突然やってくるものですから、

「週末イオンに行こうと思っているから、その時までにイオンカードを手に入れたい!」

とお考えの方も多いと思います。

通常、クレジットカードの発行には、審査期間が必要ですので、最低でも1週間〜2週間は必要です。だから、「今週末に使いたい!」というケースの場合は、時間が間に合いません。

でも、イオンカードなら間に合うんです!

一般的にイオンカードの申し込みは、

  • イオンモール店頭のサービスコーナー
  • イオンカード入会の公式申し込みサイト

この2つです。両者の方法とも、申し込み当日にカードが使える方法があります。

ただ、この2つの申し込み方法は、即日最短でイオンカードが手に入るのは同じでも、手続きやキャンペーンとしてもらえる入会特典のメリットなどが全然違います!

店頭申し込み 公式サイトからの申し込み
入会方法 申込用紙への記入 オンライン申込
手続き期間 混雑のため30分程度 待ち時間なし
本人確認書類 運転免許証など 運転免許証など
審査期間  1〜2時間 約30分
本カード 1〜2週間後、郵送にて本カードが到着 1〜2週間後、郵送にて本カードが到着
仮カード
(当日利用可)
店頭で受け取り可能 店頭で受け取り可能
入会特典 入会時10%割引や500円クーポン 6,000円相当ポイント還元

上記の通り、入会は「イオンカード」の公式サイトからオンライン申し込みが断然お得で、なおかつ特典が大きいんです。

そこで、この記事では、イオンカードを店頭で申し込みした場合と、インターネットから申し込みした場合では、どちらの方が早く手に入るかや、お得な申し込み方の詳細をまとめてみました。

この記事が参考になれば、記事下のコメント欄よりメッセージをいただけるととっても嬉しいです^^
匿名でOKなので、是非お待ちしています。


厳選裏ワザお客さまわくわくデーとオートチャージでWAONが二重取りできるお得な最強裏ワザ
イオンカード㊙︎情報【イオンカードの審査期間】店頭申込とネット申込はどっちが早い?

イオンカードを店頭で申し込みしてカードを受け取るまでの流れと期間


イオンカードのお申し込みは、店頭での常時受け付けは行っていません。

上記のように、週末やイベント開催など、イオンのお店が賑わう時にカウンターが設置されて「イオンカード入会キャンペーン」として、店頭でのお申し込みが可能な場合があります。

イオンカード・店頭でのお申し込みの流れ

  1. 店頭で申し込み用紙を記入
  2. 運転免許証など、本人確認書類を提示
  3. 入会審査 ※所要時間1〜2時間
  4. 仮カード発行 → その日からイオングループ系列店でのお買い物が可能
  5. 1〜2週間後、郵送にて本カードが到着

仮カード発行までは、審査を待つ1〜2時間程度。

買いたいものの下見や、フードコートで休憩している間には終わります。仮カードはイオンのお店の中でのお買い物なら、すぐにその場で利用できます。

イオン達人

毎月10日のありが10デーはときめきポイントが10倍になりますが、もちろん仮カードでも適用されます。ぜひ活用してくださいね。

イオンカードをネットで申し込みしてカードを受け取るまでの流れと期間


イオンカードはネットでのお申し込みなら、24時間いつでもどこでも可能です。わずらわしい書類のコピーや郵送なども不要で、すべてネットで完結できます。

イオンカード・ネットでのお申し込みの流れ

  1. ネットでお申し込み画面にアクセス
  2. 申し込みフォームに必要事項を記入
  3. 入会審査 ※所要時間最短30分
  4. (場合によって)勤務先に在籍確認
  5. 運転免許証など本人確認書類の画像送付
    ※画像をオンライン上にアップロードします。
  6. 1〜2週間後、郵送にてカードが到着

カードが到着するまでは1〜2週間と、店頭お申し込みとほぼ同じ期間ですが、審査時間が最短30分と店頭申し込みよりもスピーディーです。

店頭ではスタッフが出張カウンターから順番に手続きをして審査担当の部署に連絡するのに対して、ネット申し込みでは待機しているオペレーターが環境の整ったオフィスで審査業務を行うというフローのタイムラグによります。

審査結果を早く知りたいなら、ネット申し込みがよいでしょう。

お買い物中にネット申し込み?

【一番お得なイオンカードの作り方】キャンペーンやポイント還元情報まとめ」で紹介している通り、イオンカードを申し込むなら、大幅ポイント還元があるネット申込みがお得です。

そのため、イオンモールでの買い物中にネット申し込みしたり、専用カウンターの目の前からネット申し込みしている方もいます。

せっかくならお得にカードを作ってくださいね。

インターネット申し込みをおすすめする4つの理由

イオンカードの入会申し込みは、店頭よりもネットからの申し込みの方が入会特典が充実していてお得です。

むしろ、店頭申し込みで得られるメリットはかなり限定的なので、オンライン申し込みに抵抗がなければ、店頭申し込みのメリットはないでしょうね。

では詳しく解説します。

インターネット申し込みではポイント還元が大きい

イオンカードセレクト

ネット申し込みの場合、「WEB限定イオンカード新規入会キャンペーン」として、入会時に1,000円相当にあたるときめきポイント1,000ポイントをプレゼント。

さらに利用金額に応じて、合計でときめきポイントが最大6,000ポイントもらえる特典があります。

これはインターネット申し込みの場合だけで、店頭申し込みにはこのような高還元は有りません。

公式サイトに確認しました!

イオンカードに入会する方法はどっちがお得なのか公式サイトに直接電話で聞いてみた結果、サポートセンターの方も

「インターネットでのお申し込みがお得です。店頭申し込みでも特典がある場合はありますが、6,000円相当の還元は聞いたことがありません。」

とおっしゃっていました。

入会特典をもらいたいなら、6,000円相当が還元されるインターネット申し込みがお得ですね。

店頭申し込みは混雑する

イオンカードと言えども、通常のクレジットカードになるため、店頭申し込みの場合は申し込み手続きに時間がかかります。

そのため、先客がいる場合は数分〜数十分の待ち時間は最低必要です。

貴重なショッピングの時間をクレジットカードの申し込みに費やすのは勿体無いですよね。

インターネット申し込みなら、混雑を気にせず、いつでも可能なのでストレスフリーです。

審査が早い(平均30分程度)

先ほども解説しましたが、インターネット申し込みの方が審査結果が早いため、「審査が通るかどうかわからない」という不安な期間が短いです。

対面による審査不通過の宣告を聞かなくてもいい

イオンカードの審査は比較的ハードルが低めと言われていますが、もし審査に通過しなかったら…。

イオンカードは専業主婦やパートの方でもお申し込みはできますし、世帯主であるご主人の収入確認で通るケースも多く聞かれますが、やはり本人の収入でない場合は不利になるのは否めません。

万が一、審査が通らなかった場合、店頭だと気まずく恥ずかしい思いをするかもしれません。「あれも、これも、お買い物しよう!」と上がっていた気分も落ち込んでしまうかもしれません。

一方、ネット申し込みであれば、誰とも顔を合わせずに、事務的な連絡がメールで来るだけなので、精神的ダメージが軽くて済むでしょう。

イオンカードセレクト

Web限定キャンペーン6,000円相当還元イオン銀行機能付き

http://www.aeon.co.jp/campaign/

お得に早く利用したいならネット申し込み+店頭受け取り

即時カードがすぐに発行するのであれば…店頭申し込みの方が早くイオンカードを使えるんじゃない?…そう思われるかもしれませんが、実はネット申し込みでも最短即日で即時カードを「店頭受け取り」を選択することが可能なんです。

ネットでのお申し込み・店頭受け取りの場合の流れ

  1. ネットでお申し込み画面にアクセス
  2. 申し込みフォームに必要事項を記入
    ※この時に「店頭でのカード受け取り」を選択します。
  3. 入会審査 ※所要時間最短30分
  4. (場合によって)勤務先に在籍確認
  5. 運転免許証など本人確認書類の画像送付
    ※画像をオンライン上にアップロードします。
  6. 受け取り期限内の10時〜18時の間に、イオン銀行で本カード(即時カード)を受け取り
    ※本人確認書類の提示が必要
  7. 1〜2週間後、郵送にて本カードが到着

例えば、イオンカード入会の申し込みをしたその日が「お客さま感謝デー」や還元率がポイント10倍になる「ありが10デー」だった場合、そのお得感は相当大きいです。

ネットでの申し込みでも店頭受け取りを選択すれば、仮カード(即時カード)でその日のお得なお買い物が楽しめるのが魅力です。

ネット申し込みのスムーズさと特典。さらにすぐに使える店頭受け取りを組み合わせてお申し込みするのが賢い活用法です。

初めてイオンカードを作る方にオススメのクレジットカード

イオングループのクレジットカードは全部で60種類以上あり、それぞれに特徴があります。

そのためどのカードを申し込みすればわからなくなりますよね。

そこで、ここからは「自称:イオンの達人」である私が、初めてイオンカードを作る方にオススメのイオンカードを目的別で紹介します。

種類 特徴 オススメ
イオンカード
  • 一番オーソドックスなイオンカード
  • 電子マネーWAON搭載
  • クレジット払いもWAON払いも可能
  • 入会時4,000ポイント付与
星4個
イオンカードセレクト
  • 電子マネーWAON搭載
  • イオン銀行キャッシュカードも搭載
  • 普通預金金利が0.15%になる
  • 入会時6,000ポイント付与
星5個
JMBイオンカード
  • 利用でマイルがたまる
星3個

イオンユーザーのほとんどは上記3枚のカードのどれかを利用されているようです。

ちなみに、発行枚数が多いのは「イオンカード」です。累計発行枚数は2500万枚以上となっているので桁違い^^

一方のイオンカードセレクトはまだ500万枚を超えたあたりのようですが、スタートから間もない事を考えると、注目度はイオンカードセレクトの方が断然高いですね。

そして、イオンカードセレクトなら「イオンお客さま感謝デーの割引が実質5%→7%offになる最強裏ワザ」で紹介しているお得技も使えるのでオススメです。

まとめ

店頭で申し込むと、対面で手続きできるというメリットはあるものの、審査の時間もかかる上に、土日はとても混雑しており、何よりポイント還元がないという最大のデメリットがあります。

そのため、イオンカードやイオンカードセレクトなどのクレジットカードを申し込みする場合は、インターネットからのお申し込みがおすすめです。

もし、どうしても早く手に入れたい方は、「即日受け取りサービス」を活用すればOKです。

カードを作るだけで6000円相当かそれ以上のポイントがもらえるので、家族全員で作ってもお得ですね。

今週の人気記事はこちら

【一番お得なイオンカードの作り方】キャンペーンやポイント還元情報まとめ

イオンユーザーなら誰でも持っているイオンカード。ただ、多くの方は「イオンモール店頭」で申し込みしているようです。
実は、イオンモール店頭で申し込みするより何倍もお得に入会できる方法があるんです。
これからイオンカードを作ってみたい方必見の記事です。

【実質20%還元】WAONで固定資産税や住民税を一番お得に支払う裏ワザ

税金や社会保険料、公共料金の支払いをお得にする方法はご存知でしょうか。
コンビニエンスストア「ミニストップ」である方法を利用すれば、ポイント二重取り&マイレージが大量にたまります。
現時点ではこの方法以上にお得な支払い方法はありません。

イオンお客さま感謝デーの割引が実質5%→7%offになる最強裏ワザ

イオンモールで一番お得に買い物できる「お客さま感謝デー」
5%オフで全商品が買える日ですが、実質5%以上の割引で購入できる裏技が有ります。
とても簡単な方法なので、参考にご覧ください。


コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする