イオンゴールドカードは専業主婦でも作れる!条件や基準と特典総まとめ

イオンゴールドカード    

専業主婦だと配偶者の家族カードという形でないと、なかなかクレジットカードを持てないのが現実です。

ところがイオンカードは専業主婦の方でもお申し込みできるんです。しかもワンランク上の特別なサービスや特典がいっぱいのゴールドカードも!

この記事では、イオンのサービスをフル活用するなら、ぜひ持っておきたいイオンゴールドカードについてご紹介します。

この記事が参考になれば、記事下のコメント欄よりメッセージをいただけるととっても嬉しいです^^
匿名でOKなので、是非お待ちしています。


厳選裏ワザお客さまわくわくデーとオートチャージでWAONが二重取りできるお得な最強裏ワザ
イオンカード㊙︎情報【イオンカードの審査期間】店頭申込とネット申込はどっちが早い?

イオンゴールドカードの4つの特典・メリット

【お得】イオンラウンジが無料で利用できる

全国のイオンモールにある「イオンラウンジ」をご存じでしょうか。お買い物の間にゆったりとくつろげる、特別な会員だけのラウンジスペースです。

イオンゴールドカードの会員になると、このイオンラウンジが無料で利用できます。コーヒー・紅茶・ジュースなどのフリードリンクサービスもあり、新聞・雑誌も用意されています。

ざわざわしたフードコードが苦手な方も、くつろぎの空間でゆったりと過ごせます。

羽田空港のエアポートラウンジが無料で利用できる

羽田空港にもイオンゴールドカード会員が無料で利用できる「羽田空港エアポートラウンジサービス」があります。利用できるラウンジは羽田空港内に6カ所です。

フリードリンク、テレビ、雑誌・新聞サービス、喫煙ルームの他、有料でインターネット端末、無線LAN、マッサージチェア、コピー・FAXサービスも利用できます。

ラウンジによってはシャワールーム、パソコンブース、バーカウンター、ビジネスコーナーが設置されているところもあり、待ち時間を有意義に過ごせます。

国内・海外旅行傷害保険が3,000万円付帯

海外旅行だと意識して保険に入ることが多いですが、国内旅行となると「別にいいかな…数日だし、国内だし…」と保険に入らない方も多いのではないでしょうか。

イオンゴールドカード会員は、国内・海外旅行のいずれも最高3,000万円の保証がついています。海外旅行の場合はカード利用の有無にかかわらず30日まで保証され、国内旅行では旅行代金・宿泊施設などでカードの利用が条件になります。

別で保険に入らなくても、旅行保険が付帯しているうれしいサービスです。

【お得】ショッピングセーフティ保険が最大300万円

イオンゴールドカードには「他社よりも手厚い」と定評があるショッピングセーフティ保険があります。

これはイオンゴールドカードでお買い物された1品5,000円~300万円までの商品が、偶然のトラブルで損害にあった場合、補償されるサービスです。

他社のクレジットカードは、ショッピング保険の適用期間が90日くらいであることが多いのですが、イオンゴールドカードはなんと約2倍の180日。補償される価格も年間300万円までというゴールドカードならではのメリットです。

※貴金属、自動車など対象外の商品もありますので、ご確認ください。

イオンゴールドカードの基本スペック

年会費は?

イオンゴールドカードは、なんと年会費無料です。
多くのクレジットカードではゴールドカードに年会費がかかり、無料のゴールドカードはイオンカード以外では2〜3社しかありません。

他社の年会費無料のゴールドカードは、ショッピング保険や旅行保険が付帯していない、ラウンジサービスなどのVIPスペースの利用特典がないといった、ゴールドカードにしては物足りないスペックです。

また年会費が無料であっても、年間の利用額が100万円以上でないとゴールドカードを持てないといった利用金額の条件を設けているカードもあります。

その点、イオンゴールドカードは手厚いサービスと特典が付いたハイスペックで、しかも年会費無料と「お得+ステイタス」としては最強カードと言えるでしょう。

ポイント還元率は?

気になるイオンゴールドカードのポイント還元率はどれくらいでしょうか?
ときめきポイントが200円(税込)につき1ポイント(1円相当)つくので、還元率としては0.5%になります。

ETCカードの付帯は?

イオンゴールドカードには、1枚につきETC専用カードが1枚発行されます。発行手数料、年会費は無料。お支払いはイオンゴールドカードと同じ引き落とし口座となります。

ショッピング同様にときめきポイントがつくので、ぜひ高速道路ではETC専用カードを活用しましょう。

さらにイオンゴールドカードではETCゲートでの車両損傷に、年1回一律5万円分のお見舞金がもらえます。

カード券面は高級感のあるゴールド

「年会費無料のゴールドカードなんて、カードが安っぽいかも…」

そんな心配はご無用です。

イオンゴールドカードはお得でありながら、カード面のクオリティも他社のステイタス重視のゴールドカードと比較しても、遜色のない高級感あふれる上品なゴールドです。

また通常のイオンカードでミッキーマウスが描かれたディズニーデザインのカードを選択していた場合は、ゴールドカードになっても、ミッキーマウスのデザインはそのままに高級感のあるゴールドになります。

ゴールドカードのステイタス感とミッキーマウスの愛らしさを同時に実現したデザインは、他ではあまり見られないですよね。

イオンゴールドカードを作る具体的な方法や基準・条件


イオンゴールドカードは招待制なので、いきなりゴールドカードを持つことはできません。

まず通常のイオンカードを持ち、利用実績を積んだ上で、一定の条件をクリアすると「ゴールドカードへのご案内」が届きます。

気になるゴールドカードへの招待条件ですが、明示されているものに関しては以下の2つです。

  1. イオン銀行の住宅ローンを利用すること
  2. イオンカードで年間100万円の利用実績

特に1のイオン銀行の住宅ローンは、イオンカード入会まもなくても、ゴールドカードに切り替えられる方法です。

また2の「年間100万円のカード利用実績」も最短で1年かかりますが、日々のお買い物、公共料金の引き落とし、旅行などの大きなお買い物をすべてイオンカードに統合すれば、決して無理ではない条件です。
スーパーの食材から旅行まで、毎日のあらゆるシーンで使えるイオンカードならではのメリットですね。

上記の2つ以外にも「優良カード会員」と認められる利用実績などがあれば、ゴールドカードへの招待が届いたという声もあります。

年収などの属性に関わらず、イオンカードメインでコツコツ優良に利用していれば手の届くゴールドカードと言えます。

イオンゴールドカードを作る前に知っておきたい注意点

イオンゴールドカードを作る前に…知っておきたい注意点があります。

ゴールドカードを2枚持つことはできないので、対象のイオンカードを2枚以上持っている場合は「ゴールドカードにアップしたいカード」を作る前に検討しましょう。

またイオンカードからイオンゴールドカードへの切り替えで、カードデザインの変更はできないので、通常カードからディズニーデザイン、もしくはその逆にはできません。

ディズニーデザインのゴールドカードが欲しい場合は、イオンカード入会時にディズニーデザインを選びましょう。

なおディズニーデザインの場合、国際ブランドはJCBのみとなります。

家族カードもゴールドカードになるの?

イオンカードでは、所有本人がゴールドカードになると自動的に家族カードにもゴールド特典が付帯されます。

家族みんなでクレジットカード利用をイオンカードに集約すると、より早く確実にゴールドカードを手に入れることができるでしょう。

WAONは移行されるの?

移行可能ですが、電子マネーWAON残高と電子マネーWAONポイントの移行は、イオン店舗内のWAONステーションかイオン銀行ATMで手続きが必要です。

切り替える前のイオンカードと、新しく届いたイオンゴールドカードの両方が必要なので、WAONの移行手続きまでは、古いイオンカードも破棄しないでおきましょう。

カード番号は変更されるの?

イオンカードからイオンゴールドカードへの切り替えでは、国際ブランドがVISAの場合はゴールドカードを発行した際にカード番号が変わります。

そのため公共料金の引き落としや、ネットショッピングの引き落としカードの番号登録を変更しておかないと、引き落としできなくなってしまいます。

VISAは選ばれることが多いポピュラーな国際ブランドですし、遅延履歴がついてしまう可能性もある、かなりクリティカルな注意事項なので気をつけたいですね。

切り替えで「カード不在期間」はできるの?

原則としてゴールドカードが届き、新しいカードを利用したら、前のイオンカードは使えなくなります。なので「どちらのカードも使えない」といった空白期間はありません。

公共料金などは多少の猶予がありますが、古いカードは期限まで使えるわけではないので注意しておきましょう。

イオンカードの特典は受けられるの?

イオンカードの特典はイオンゴールドカードでもそのまま受けられますのでご安心ください。
イオンゴールドカードで増える特典はあっても、使えなくなる特典はありません。

イオンゴールドカードのデメリット

他の無料ゴールドカードと比べて還元率が低い

一般的に「ポイント還元率が高い」とされるのは1%以上なので、これだけを見るとイオンゴールドカードは高いとは言えませんが、他社のポイント対象は「税抜」の購入額とされているのが多いのに対して、イオンゴールドカードは「税込」購入額に対してポイントがつきます。

税込だと端数が切り捨てられずにポイント換算されるため、ヘビーユーザーであれば遜色はないお得度となります。

またネットショッピングモールの「ときめきポイントTOWN」経由でAmazon、ヤフーなどの提携店でネットショッピングすると、店舗によって還元率が1%〜5.5%になります。

まとめ

イオンゴールドカードは、クレジットカードでは数少ない年会費無料で、発行条件も年収や属性などではなく、イオンカードの優良な利用実績が基準なので、イオンカードの会員であれば誰でも手が届くチャンスのあるゴールドカードです。

持つためのハードルは高くないゴールドカードですが、特典やカード面の質など、あらゆる面でステイタス重視のゴールドカードと遜色がありません。

むしろ活用する機会が多いゴールドカードですので、ぜひ持っておきたい1枚ですね。

今週の人気記事はこちら

【一番お得なイオンカードの作り方】キャンペーンやポイント還元情報まとめ

イオンユーザーなら誰でも持っているイオンカード。ただ、多くの方は「イオンモール店頭」で申し込みしているようです。
実は、イオンモール店頭で申し込みするより何倍もお得に入会できる方法があるんです。
これからイオンカードを作ってみたい方必見の記事です。

【実質20%還元】WAONで固定資産税や住民税を一番お得に支払う裏ワザ

税金や社会保険料、公共料金の支払いをお得にする方法はご存知でしょうか。
コンビニエンスストア「ミニストップ」である方法を利用すれば、ポイント二重取り&マイレージが大量にたまります。
現時点ではこの方法以上にお得な支払い方法はありません。

イオンお客さま感謝デーの割引が実質5%→7%offになる最強裏ワザ

イオンモールで一番お得に買い物できる「お客さま感謝デー」
5%オフで全商品が買える日ですが、実質5%以上の割引で購入できる裏技が有ります。
とても簡単な方法なので、参考にご覧ください。


コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする