イオンカードをApple Payに登録する注意点|5%オフやWAONの取り扱いは?

イオンカードとApple Pay    

 

「Apple Pay」にはイオンカードを登録することが可能で、登録することでさらに便利にお買い物が楽しめます。Apple製品を利用されている人にとっては、デバイス1つに様々な機能をまとめられるのでとても便利ですね。

イオンカードを「Apple Pay」に登録すると、どんな良いことがあるのか、登録に際して注意する点などをご紹介。ぜひ「Apple Pay」を上手に活用してみてくださいね。

厳選裏ワザお客さまわくわくデーとオートチャージでWAONが二重取りできるお得な最強裏ワザ
イオンクレジットカード

Apple Payにイオンカードを登録すると「iD(アイディ)」または「Suica(スイカ)」で利用可

イオンカードとApple Pay

イオンカードは「Apple Pay」に登録することが可能です。Apple製品にイオンクレジットカードの情報を登録することで、端末にiPhoneなどをかざすだけで支払いを完了することができます。日々のお買い物をより便利にすることができますよ。

Apple Pay×イオンカード×iD(アイディ)のお得な活用法

「iD」は携帯会社NTTドコモが普及を行っている電子マネーです。Apple Payに「iD」対応のクレジットカードを連携させることで利用できます。イオンのクレジットカードは、この「iD」機能対応のものがほとんどです。(一部対応していないカードもあります。)

「iD」は電子マネーですが、事前にチャージする必要はなく後払い方式です。そのため残高がなくてお買い物ができない!という心配はありません。クレジットカードとほとんど同じような方式ですね。

iD(アイディ)が使えるお店

「iD」が使えるお店はたくさんあります。コンビニやスーパー、飲食店から薬局、宿泊施設など様々で、今もなお利用可能店舗は増え続けています。「iD」が使えるかどうかは、レジに表示されている「iD」マークを確認しましょう。

このマークがあれば「iD」にて支払をすることが可能です。支払いの際、お店の人に「iDでお願いします。」と伝えるだけ。iPhoneやApple Watchだけで、とても身軽にお出かけができちゃいますね。

実際に利用する方法としては、Touch IDに指を載せたまま、リーダーにiPhoneをかざします。これでカード決済が完了。

Apple Watchの場合は、まずサイドボタンをダブルクリックします。その後Apple Watchのディスプレイをリーダーにかざすことで簡単に利用できますよ。

Apple Pay×イオンカード×Suica(スイカ)のお得な活用法

Apple Payにて「Suica(スイカ)」を利用することも可能です。ただし、「Suica」での利用の場合、「iD」と違う点があります。

「iD」での利用ならば「ときめきポイント」が貯まりますが、「Suica」の利用では「ときめきポイント」が貯まらないのです。

ですから、もし「Apple Pay」で「Suica」の利用も考えているのであれば、「イオンSuicaカード」を登録することをオススメします。

「イオンSuicaカード」はイオンカードの中で唯一JR東日本においてチャージ時にポイントが付与されるカードです。こちらのカードであれば問題ありません。

詳しくは「【無料でSuica?】イオンSuicaカードの12個のメリットとデメリットを総まとめ」の記事で紹介していますので、ぜひこちらも併せてご覧ください。

「iD」も「Suica」も電子マネーという点では同じですが、支払方法が大きく違っています。「iD」は電子マネーにありがちな事前のチャージか必要なく、クレジットカードとほぼ同じ扱いで支払いをすることになります。

かわって「Suica」ですが、こちらはチャージが行われて初めて利用が可能となります。なのでうっかりしていると残高不足で利用できなくなってしまうことも…。

ただし「イオンSuicaカード」の場合、残高が不足すると自動でチャージを行ってくれる「オートチャージ機能」を設定することも可能です。これなら残高不足を心配することもありませんね。

お客さま感謝デーの5%やWAONの取り扱いはどうなる?

イオンカードを「Apple Pay」に登録すると、今まで恩恵にあずかっていたイオンのサービスについてはどうなってしまうのでしょう?ひとつひとつ確認していきましょう。

毎月20日・30日のお客さま感謝デー5%OFF特典は適用される!

毎月20日・30日 お客さま感謝デー カードでおトク!各種イオンマークのカードでのお支払い(クレジット・WAON)5%OFF

毎月20日・30日はお客さま感謝デーです。イオングループでのお買い物が5%オフとなるこの日、「Apple Pay」で利用しても同じく割引となるのでしょうか?

心配になるところですが、こちらは変わらず5%オフにてお買い物を楽しめます。安心して今までどおりお買い物をお楽しみください。

毎月10日の「ありが10デー」の利用でときめきポイントが5倍になる!

ありが10デー

毎月10日「ありが10デー」です。対象のイオン店舗での買い物の時、イオンカードのクレジット払いを利用すればときめきポイントがなんと5倍になります。このかなりお得なポイントアップデーに関しても、「Apple Pay」の利用は可能です。

5倍というのはかなり大きな数字ですね。月に1度のチャンスです。「Apple Pay」でさらにお買い物が楽しめちゃいますね。

ちなみに、毎月10日は他にも「ときめきWポイントデー」というものがあります。こちらはお買い物金額に対してポイントが通常の2倍に。対象のイオン店舗以外のお買い物でも、イオンカードのクレジット払いご利用であればサービスデーの対象となります。

つまり毎月10日はイオン店舗でも、それ以外のお店でも、お買い物がお得ということですね。10日はぜひお買い物を楽しみたいですね。

Apple Payを利用して電子マネーWAONを使うことはできない!

イオンカードといえば、多くのカードに「電子マネーWAON」が付帯しています。利用者のニーズに応じて、クレジットカード払いだけでなくWAONでの支払いを選ぶこともできるのです。

ですが、残念ながら「Apple Pay」を利用して「電子マネーWAON」を使うことはできません。現在(2018年3月29日)の段階で、今後導入予定であるといった話も耳にしません。現在のところ利用可能な電子マネーは「iD」や「Suica」となっています。

どうしても「WAON」を利用したい場合は、「WAONカードプラス」を発行することも可能です。「イオンSuicaカード」など、「WAON」が付帯されておらず、「WAONカードプラス」申し込みの対象となっているカードを持っている場合に作ることができます。

発行手数料300円が別途かかりますが、どうしても「WAON」を利用したい場合はこちらのカードをも申し込みしても良いですね。

→「WAONカードプラス」についてはこちら

イオンカードをApple Payに登録、利用でポンントが10倍!5倍に!

Apple PayでもイオンiDでも スマホ決済を始めよう。店頭でお支払いの際に「iDで」とお伝えください。 期間中、イオンマークのカードを設定したApple PayまたはイオンiDのクレジット払いをご利用いただくと 【イオングループ対象店舗でのご利用】もれなくときめきポイント基本の10倍!(イオンJMBカードはマイルが4倍) 【イオングループ対象店舗以外でのご利用】もれなくときめきポイント基本の5倍!(イオンJMBカードはマイルが2倍) 期間:2018年2月21日(水)~2018年4月20日(金) 応募締切:2018年4月20日(金)

今ならイオンカードを「Apple Pay」に登録後、そちらを利用してお買い物をすることでもれなくポイントアップのチャンスです。イオンスクエアにログインし、マイページからキャンペーンに応募(マイページからでなくても応募は可能です)することで参加することができます。

イオングループ対象店舗でのお買い物なら、「ときめきポイント」が基本のなんと10倍!イオングループ以外のお店でも「ときめきポイント」が基本の5倍へとアップします。

これはお得ですね。(「イオンJMBカード」については、イオン店舗でのご利用でマイルが4倍、イオン以外のご利用でマイルが2倍となります。)

期間は2018年4月20日(金)まで。何かと入り用なこの時期、ぜひ「Apple Pay」でお買い物をし、ポイントをたっぷりゲットしておきましょう。

→Apple Pay利用キャンペーンについてはこちら

walletアプリだけじゃない!Suicaアプリでも利用可

「Apple Pay」にてクレジットカードを利用する場合、基本的には「walletアプリ」からカードの登録を行うことになります。ですが、「Suicaアプリ」での利用も可能なのです。

「walletアプリ」にはない機能も兼ね備えた「Suicaアプリ」。「Suica」をよく利用される方にはオススメですね。

「Suicaアプリ」では新たに「Suica」を発行したり「Suica特急券」や「Suica定期券」、「Suicaグリーン券」なども簡単に購入できます。(無記名の「Suica」発行以外は「モバイルSuica」への登録が必要となります。)

「イオンSuicaカード」をお持ちの場合はこちらのアプリでオートチャージの設定もできます。「Suica」をよく利用される人にとっては、こちらのアプリでの利用が良いかもしれませんね。

登録方法の全手順

それでは、実際に「Apple Pay」に「イオンクレジットカード」を登録する手順をご紹介していきます。特に難しいことはありませんので、安心して登録にチャレンジしてみてください。

「walletアプリ」を開き「カードを追加」を選択

STEP1:iPhone ホーム画面から「Wallet」アプリを起動 STEP2:「カードを追加」または右上の「+」をタップ→「次へ」→「クレジット/プリペイドカード」 STEP3:カメラでカード情報を読み取り、「カード名義(アルファベット)」「カード番号」を確認→「有効期限」→ 「セキュリティコード」を入力 STEP4:本人確認の方法を選択しカード認証→「Apple Pay利用条件」を確認し「同意する」をタップ STEP5:設定完了

まず「walletアプリ」を開きます。新しくクレジットカードを登録するため、「カードを追加」という項目を選択し次の画面に進みます。(この時iCloudのパスワードを要求された場合は、パスワードを入力して「OK」ボタンをタップしてください。)

「Apple Pay」に関する説明の画面になりますので一読して「次へ」をタップしましょう。その後カード種類を選択する画面へと移ります。

今回は「クレジット/プリペイドカード」を選択して次の画面で「ほかのカードを追加」をタップします。

新しいカードを追加する

スマートフォンのアプリのイラスト

次の画面は「カードを追加」の画面です。カメラが起動するので枠内にカードをうつしましょう。カメラがカード情報を読み取ったら、その情報を改めて確認してください。この段階で読み取りが間違ってしまう場合もありますので、しっかりと確認をオススメします。

有効期限とセキュリティコードを入力し、利用条件を確認したら、無事新しいカードが追加されます。画面には登録したカードで利用できるサービスが表示されます。「イオンカード」の場合は「iD」マークが表示されますから、確認後「次へ」を選択してください。

続いて「カード認証」画面へと移ります。カードの認証方法はSNSと電話の2種類がありますが、これはカードによって方法が違ってきます。

「イオンカード」の場合は電話での認証となります。記載の番号に電話して、認証を行います。

これで無事、カードの追加が完了しました。あとは複数のカードが登録されている場合、メインのカードを登録するなどの設定を行いましょう。

メインカードを設定しておけば、「Apple Pay」起動時最初に表示されるのがそのカードとなります。よく使うカードを設定しておくことでお買い物がよりスピーディーになりますね。

まとめ

「Apple Pay」にも対応するイオンのクレジットカードは、持つ人のニーズに合わせて、使いやすい設定が可能となります。「iD」でも「Suica」でも利用可能ですし、自分の都合に合わせてカスタマイズできるのは嬉しいですね。

「Apple Pay」に登録をしておけば、デバイス1つで身軽にお出かけ、お買い物が楽しめます。Apple製品をお持ちの方はこの「Apple Pay」への登録をぜひ検討してみてくださいね。

イオンクレジットカード

こちらの記事も読まれています

【一番お得なイオンカードの作り方】キャンペーンやポイント還元情報まとめ

イオンユーザーなら誰でも持っているイオンカード。ただ、多くの方は「イオンモール店頭」で申し込みしているようです。
実は、イオンモール店頭で申し込みするより何倍もお得に入会できる方法があるんです。
これからイオンカードを作ってみたい方必見の記事です。

【実質20%還元】WAONで固定資産税や住民税を一番お得に支払う裏ワザ

税金や社会保険料、公共料金の支払いをお得にする方法はご存知でしょうか。
コンビニエンスストア「ミニストップ」である方法を利用すれば、ポイント二重取り&マイレージが大量にたまります。
現時点ではこの方法以上にお得な支払い方法はありません。

イオンお客さま感謝デーの割引が実質5%→7%offになる最強裏ワザ

イオンモールで一番お得に買い物できる「お客さま感謝デー」
5%オフで全商品が買える日ですが、実質5%以上の割引で購入できる裏技が有ります。
とても簡単な方法なので、参考にご覧ください。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする