イオンユーザー必見!イオンの株式を保有すると得られる株式優待の5つのメリット

イオンの株主配当    

『イオンの「株主」になる!』と聞くと、何やら大事のように感じてしまう方も多いでしょうが、そんなことはありません。

「株主」というのは、簡単に言えば特定の株式会社の応援者、支持者です。株式を購入して「株主」となることで、実際にその会社の経営に少なからず関わるようになる存在なのです。

この応援者である「株主」に対して、企業側は「ありがとう」の気持ちからメリットを提供したりします。

イオングループにおけるこの「株式優待のメリット」は、ユーザーにとって非常に意義のあるものなのですよ。今回はそんな「株式優待」についてご紹介いたします。

この記事が参考になれば、記事下のコメント欄よりメッセージをいただけるととっても嬉しいです^^
匿名でOKなので、是非お待ちしています。


厳選裏ワザお客さまわくわくデーとオートチャージでWAONが二重取りできるお得な最強裏ワザ
イオンカード㊙︎情報【イオンカードの審査期間】店頭申込とネット申込はどっちが早い?

メリット①配当金がある!

イオンの株主配当

株式を購入すると、その保有株式に応じた「配当金」が配られます。「配当金」とは、企業が出した利益の中、その1部を応援者である株主に還元するというものです。ちょっと違いますが、似たようなものだと、銀行などにお金を預けたときの利息のようなものです。

つまり、応援する企業に利益が出てくれれば、それだけ「配当金」も多くもらえる確率が上がるわけです。比較的儲かっている、大手の企業が人気なのもそういった理由ですね。利益が少なければ、もちろんもらえる「配当金」も少なくなってしまいます。

ちなみに、2016年度のイオン(株)の年間配当実績は、1株あたり30円でした。公式HPによりますと、2017年も年間で1株30円を予定しているとのことです。

先ほど預金の利息と似ていると表現しましたが、低金利のこの時代、預金利息と株式配当では手に入れることのできる金額に大きな開きがあります。

イオンを応援している人にとっては、イオンの経営を自分も助けているという実感、そしてそこから得られるメリットと、「イオンの株主になること」は非常に大きな意味を持ちます。

メリット②株主ご優待返金システムでキャッシュバックがある!

イオンの株式を100株以上持つ方には、「イオンオーナーズカード」という株主優待カードが発行されます。このカードの提示によって、株主限定の優待を受けることが可能です。

まずはお買い物金額のキャッシュバック制度をご紹介します。お買物時に「オーナーズカード」を提示し、現金、WAON(電子マネー)、イオンカードでのクレジット払い、イオンの商品券やギフトカードで支払った金額が対象です。

買い物金額に対して、返金率をかけた金額が半年ごとにキャッシュバックされます。持株数によって返金率は変わってきますが、100~499の持ち株の場合は3%、500~999株では4%、というように持株数が多くなるにつれてパーセンテージも上がっていきます。

キャッシュバックとなるのは、「オーナーズカード」が届いてからの買い物となります。「オーナーズカード」が届くまでの詳しい流れについてはこの記事の最後にご紹介いたします。1部専門店では現金払いのみが対象となる場合もあります。各店舗にてご確認くださいね。

「オーナーズカード」送付時には、もう1枚家族カードも送られてきます。キャッシュバック対象となるのは、家族カードの利用も合わせて100万円以内となります。

また、こちらのキャッシュバック制度、毎月20、30日に行われるお客さま感謝デーとの併用が可能です。お客さま感謝デーには5%オフを、そして半年後にはキャッシュバックということで、特典をダブルで受けられるというわけです。

ただし、キャッシュバックでは支払方法の種類が豊富ですが、お客さま感謝デーに関しては特典の対象となる支払方法が限定されてきます。対象外のカードや、金券などを利用した支払いでは5%オフの適用外となってしまいますから、ご注意ください。

メリット③優待券などが配られる株主総会に参加できる!

クーポン券のイラスト

株主総会とは、その年度の事業報告や内容説明、そして株主からの質疑応答などが行われます。イオンの株を保有している株主には、「株主議決権行使書」がその他の株主関係書類と一緒に送られてきます。

株主総会に出席するためにはこれが必要となりますので、参加を希望する場合は忘れずに持っていきましょう。なかなか日程が合わないこともありますが、株主総会に出席できるのは株主の権利です。ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか?

株主総会に出席すると、実際にイオンの経営について身近に感じられるようになります。また、その年によって内容は変わるものの、総会限定の優待券などが配られることも。過去に行われた総会では、株主総会会場の近くにある店舗限定の割引券などが配られていますよ。

メリット④イオンラウンジが無料で使える!

各イオン店舗のひっそりと存在する「イオンラウンジ」。普段からイオンをご利用いただいている方でも、その存在を知らない人は多いのではないでしょうか?この「イオンラウンジ」が、イオンの株主になると無料で使用することができるのです。

「イオンラウンジ」は、イオン株主やイオンゴールドカード所持者が利用できる特別なサービスです。ラウンジ内ではイオントップバリューのドリンクが無料で楽しめたり、お菓子のサービスもあります。

店舗のあまり目立たない場所にあるものの、お買い物の途中に一息できるのはありがたく人気は上々のようです。休日など、日によってはラウンジ入場のために並んでいる人もいるほど。状況によって利用時間に制限がかかる場合もあります。

イオン株主になって、イオンでのお買い物をもっと快適に!ラウンジで休めるのであれば、イオンへお買い物にいく機会もぐっと増えそうですね。

メリット⑤株主割引がある!

店舗によって、キャッシュバックではなくその場で株主割引がされるケースもあります。対象の店舗はレストランや専門店、旅行会社など様々。例えば、イオンシネマも対象店舗となっています。

お買い物金額から3%~10%の割引であったり、イオンシネマの場合は最大300円の割引が適用されます。その場ですぐに割引きになるというのは、メリットが分かりやすくてありがたいですよね。

ただし、こちらの株主割引店舗でのお買い物に関しては、キャッシュバックの対象となりません。その点はご注意ください。

イオンの株主になる方法

当日の様子

イオンの株主になるには、イオン株式を購入する必要があります。どうしたら良いかというと、証券会社からイオンの株を購入するのです。イオンから直接株式を購入することはできませんのでお気を付け下さい。

証券会社というと敷居が高く感じてしまうこともありますが、最近ではインターネット取引によるお手続きで簡単に株の売買が可能です。あまり気負うことなく取引を始めることができますよ。

8月、2月末日の株主名簿に基づき、100株以上保有している対象株主の方に案内が送られます。案内に沿って申し込みをし、実際に「オーナーズカード」が送られてくるのはひと月ほど後になります。株主優待を受けられるのは、このカード到着後です。

時期によってはカードが届くまで少々時間がかかってしまいますが、数々の株主優待メリットについて考えると「オーナーズカード」はとっても魅力的なカードです。

自己資金に多少余裕があり、単なる銀行の預金ではちょっと…と考えている方にはうってつけです。試してみる価値はありますね。

今週の人気記事はこちら

【一番お得なイオンカードの作り方】キャンペーンやポイント還元情報まとめ

イオンユーザーなら誰でも持っているイオンカード。ただ、多くの方は「イオンモール店頭」で申し込みしているようです。
実は、イオンモール店頭で申し込みするより何倍もお得に入会できる方法があるんです。
これからイオンカードを作ってみたい方必見の記事です。

【実質20%還元】WAONで固定資産税や住民税を一番お得に支払う裏ワザ

税金や社会保険料、公共料金の支払いをお得にする方法はご存知でしょうか。
コンビニエンスストア「ミニストップ」である方法を利用すれば、ポイント二重取り&マイレージが大量にたまります。
現時点ではこの方法以上にお得な支払い方法はありません。

イオンお客さま感謝デーの割引が実質5%→7%offになる最強裏ワザ

イオンモールで一番お得に買い物できる「お客さま感謝デー」
5%オフで全商品が買える日ですが、実質5%以上の割引で購入できる裏技が有ります。
とても簡単な方法なので、参考にご覧ください。


コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする